嘆いてばかりいないで

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


明日から大寒波襲来との天気予報です。

今年は今まで暖かだったので、急に寒く

なると大変だなあ。


花壇の花も今までの暖かさに慣れている

ので、厳しい経験になるでしょう。


今年もあと一週間を切ってしまいました。

何て早い一年だったのだろう。


親友が急逝してしまったり、辛いことの

多い一年でした。


 あす知らぬ我が身と思へど暮れぬ間の

 けふは人こそかなしかりけり

    古今和歌集 紀貫之


この歌の「人」は亡くなった人のこと

だそうです。


毎年この時期になると身に沁みて感じる

のはこの歌です。


 数ふれば年の残りもなかりけり

 老いぬるばかりかなしきはなし

    新古今和歌集 和泉式部


こうして老いて、年の残りが少なくなって

しまったことを嘆く歌は、短歌には多い

ですね。


諸行無常もののあわれを感じることは

日本人のDNAだと思います。


でも、残り少ない余生を嘆いてばかりいる

のでは、つまらないなあと思います。


時々は感傷に浸ることも必要でしょうが、

最後まで前向きに頑張って生きていかなく

ては!


人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。