ビストロの食事

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


プチ・パレでの「PARIS 1900」を

見終わって、近くのセーヌ川を渡って、左岸に

出ました。


渡った橋は、パリで最も美しい橋といわれる、

アレキサンドル3世の橋です。

金色に輝く、飾りがきれいです。


橋の下を流れるセーヌ川、ゆったりと流れて

いました。


パリらしい眺めですね。


反対側には、エッフェル塔が見えます。


正面には、ナポレオンの墓がある

アンヴァリッドの建物が金色に輝いています。


何だか、パリ観光案内みたいになって

きましたね。


フランス外務省のあるケィ・ド・オルセー

まで歩いて、バスに乗って、また右岸に戻り、

サントノレ通りまで行きました。


この通りのオペラ座よりの方にある

サントノレ市場まで歩きます。

ここは、元はマルシェがあったのですが、

今は再開発でモダンな建物が立ち、周囲には

レストランやビストロが沢山あります。


ちょうどランチタイム。

どのレストランも賑わっていました。


テラスで食べている人が多いですね。


近くのこのビストロ、以前に何回か来たこと

があるのですが、本当に気取らない食堂という

感じです。

料理も家庭料理です。


ブッフ・ブルギニヨン(ビーフ・シチュー)を

食べましたが、美味しかったですね。

デザートのリンゴのタルトも美味でした。


隣の席で食事をしていたフランス人のおじさんが

話しかけて来て、色々と、話をしながらの食事

でした。


「日本人は働き過ぎだよ。人生は楽しまなけ

れば!」と言われました。

気さくで、茶目っけのあるおじさんでした。

その通り、働くばかりじゃね。