植え込み過ぎに注意

[人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日の熱海は、秋晴れの気持ちの良いお天気が

戻ってきました。

暑くもなく、寒くもなく、今が一番快適な気候

ですね。

朝晩は、大分冷え込むようになってきましたが。


来年の春のガーデンのアイデアを固めなくては、

と思いながら、例によって、「ガーデニング

関して良くある1000の質問」の本をパラパラ

見ていました。


こんな質問がありました。

ガーデニングのプランは、先ず紙で、図面に

した方が良いと最近本で読みました。

どうしてですか?」


その答えは、次の通りです。

「植え込みをする時に、つい近くに詰めて植え

過ぎて、十分な隙間を残すことを忘れがちです。

図面で計画を立てると、5年、10年後のこと

を考えて、混み合わないように、植え込みの

位置取りを決めることが出来ます」


うーん、正にそうなんでしょうけどね。

でも、庭造りを始めた時には、そんな余裕

がなくて、とにかく隙間を埋めるために、

庭木をどんどん植え込みました。


5年以上たった今になると、スペース不足の

状況があちこちに出て来ています。

樹木の伸びるのは、想像以上に早いものです。


これからどうなるのか気になりますが、

隙間が無くなってきたら、間引くしかない

でしょうね。


ノコギリを手にして、情け容赦なく切り倒す

のかなあ。

でも、大きくなり過ぎたら、手に負えなく

なりそうです。

早めに、もう一度、樹木の配置を考えて

みなくては。


まあ、花の苗はそんなに厄介なことはない

ですね。

宿根草の位置取りだけは、考えなくてはいけ

ませんが。

いずれにしても、ガーデニングには、計画性が

必要ですね。

それと毎日、毎日の地味な努力の積み重ねが

なければいけませんね。