イギリスのガーデン

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は、昨年のパリ・ロンドン旅行で印象に残ったガーデンの写真を

UPします。

カフェミモザのガーデンは、冬枯れで、写真に出来る花がないもんです

から。


最初の2枚は、ウィズレ―・ガーデン(RHS GARDEN Wisley)です。

英国王立園芸協会の本拠地のあるこのガーデン。とにかく広大で、変化

に富んだガーデンです。


イングリッシュ・ガーデンを一応目指しているのに、本拠地へは初めての

訪問でした。一度は、本拠地に行ってみないとね。


7月だったので、もう春の花やバラは盛りを過ぎていましたが、スケール

の大きなガーデンを満喫しました。


大きなガーデンばかりでなく、こんな可愛いポピーの庭もあります。


見物客は、観光客より、イギリス人のガーデナーが多いようでした。

皆、自分のガーデンの参考にするところはないかという感じで見物してい

るように見えました。


次は、ロンドン市内のケンジントン・パークのガーデンです。

このガーデンは、フォーマルな整型ガーデンですね。


ナチュラルなイングリッシュ・ガーデンの方が好きですが、これはこれで

とてもきれいでした。


花のカラ―・コーディネーションが、日本人とはどこかセンスが異なり、

勉強になりますね。


花の組み合わせも「なるほど!」と見習う点が沢山ありました。


最後は、ロンドン近郊のキュー・ガーデンです。


このガーデンもとても広いのですが、一番好きなのは、この一角です。

ガーデンというより、花の苗のナースリーのようですね。


沢山の宿根草の苗が植えられていて、きれいな花を咲かせていました。


こうしてイギリスのガーデンの写真を見ていると、「あー、また行き

たいなあ」という気持ちがします。