桜を詠んだ歌

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は、野菜作りの日ですが、お天気が良ければ、

地主さんの庭のヤマザクラのお花見をしよう

ということになっていました。


でも、朝から冷たい春雨の降る一日となって

しまいました。

満開の桜も、春雨に打たれて散々です。

残念だなあ。


雨と霧の中の地主さんの庭の桜の写真をUPします。


歌心などとは無縁だと思っていた地主さんが、

「桜といえば、ほら、花のしたにて春死なむ。。。

とかいう、歌があるでしょう。あの歌が好きだなあ」

と意外な発言。


 願はくば 花のしたにて 春死なむ その如月の

 望月のころ

             西行


そうですね。西行のこの歌には、地主さんでなくても、

深い共感を覚えます。


もう今年の桜も最後ですから、今日は桜を詠んだ

歌の中で、特に好きな歌をピックアップして

みましょう。


 うつせみの 世にも似たるか 桜花

 さくと見しまに かつちりにけり

     古今和歌集  読人しらず


桜の花は、はかないこの世に似ているなあ。

咲いたと思ったら、もう散ってしまうのだ。


 ちる花を なにか恨みん 世の中に

 わが身もともに あらんものかは

      古今和歌集  読人しらず


散る花を何で恨もうか。花が永久に散らなくても、

それと共にわが身があるものでないから。

わが身もやがって散ってしまうのだ。

  

春さめの ふるは涙か さくら花

 ちるをおしまぬ 人しなければ

     古今和歌集 大伴黒主


春雨は、桜の散るのを惜しんで人々の流す涙で

あるかしら。

桜の散るのを惜しまない人はいないのだから。 


はかなくて 過ぎにし かたを数ふれば

 花にもの思ふ 春ぞ経にける

     新古今和歌集  式子内親王


とりとめもなく過ごしてしまった今までの歳月を

数えると、花を見て物思いにふける春をすごして

きたのだなあ。


桜散る 春の山辺は 憂かりけり

 世をのがれにと 来しかひもなく

新古今和歌集  恵慶法師


桜の散る山のほとりはつらくて悲しいなあ。 

憂き世を逃れてやって来たかいもなくて。


地主さんの家の近くの伊豆山神社に寄って、

境内の桜を鑑賞しました。

雨で訪れる人もない中、桜がきれいに咲いて

いました。


今日は、農作業は出来なかったので、植え込んだ

苗や種の様子を観察だけして来ました。


今のところ、順調に育っているようですね。


ただ、明日の朝は気温が下がって、遅霜の可能性

もあるとの予報です。

やめてほしいなあ。