危険な魅力

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日の熱海は、一日中小雨が降りしきる梅雨

らしい一日でした。


昨夜、かなり強く雨が降ったので、ガーデンは

たっぷりと水を含んでいます。


梅雨が明けると、ガーデナーは水やりで大変に

なるけど、当分、大丈夫のようですね。


バラの花も雨のしずくで濡れています。

    
  おまえのみずみずしさが時折これほど私たち

を驚かすのは

  幸福な薔薇

  それはおまえが自分のなかで 内部で

  花びらに花びらを重ねて休らっているから

  「薔薇」より  ライナー=マリア・リルケ

   愛のフランス詩集 吉田加南子編・訳


  おまえについて語りはすまい

  言葉では語りえないということ

  それがおまえの在りかたなのだから

  ほかの花はテーブルを飾る

  けれどおまえはテーブルを美しく変容させる

           同上
    

今日も、バラがテーマになってしまいました。

バラはあまり好きじゃないとか言いながら、

その魅力に惹かれてしまうなんて危ない花だなあ。


このピエール・ド・ロンサ―ルは、パーゴラと

コニファーの間に挟まれて咲いています。

このために、ちょっと日陰の花になってしまって

います。


花壇の花たちも、どんどん育って少し窮屈そう

ですね。


昨日買って来た黄花コスモスの苗です。


明日は晴れて暑くなるようですね。

カフェは、明日も営業しています。