グレース・ケリー

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日も夏日で、暑い一日でしたね。

梅雨はもう終わってしまったのですかね。


花がほとんどなくなってしまったガーデン。

タチアオイだけが目立っています。


ラベンダーの花も枯れてしまいました。

この実を刈込まないと、新しい葉が育ちません。

カフェがオフになったら、早速作業しなくては。


このところ、DVDを借りて来て、映画を見て

います。

昨夜は「グレース・オブ・モナコ」を見ました。


モナコ皇妃となったグレース・ケリーが、フランス

の圧力で、存立の危機に瀕したモナコ公国を救う

ために、大活躍するという映画です。


グレース・ケリーに扮したニコール・キッドマン

美しくて、熱演でした。

でも、本物のグレース・ケリーは、本当にきれい

でしたね。

上品だけど、セクシーで、憧れの女優でした。


この写真は、「Grace Kelly Style Icon」

というCDのジャケットの写真です。


グレース・ケリーの時代、1950年代のヒット・

ソングやラブ・ソングが集められたCDです。


フランク・シナトラルイ・アームストロング

ナット・キングコール、ペギー・リー、トニー・

ベネット等々のヒット曲。

懐かしい曲ばかりです。


映画の中には、ドゴール大統領が、モナコを苦し

める悪役として登場してきます。

この写真は、去年パリで撮ったド・ゴール大統領

銅像です。


フランスは、当時アルジェリア独立戦争で、財政

が苦しく、モナコに課税して、財源を確保しようと

したことが、この映画の背景となっています。


映画では、グレース・ケリー皇妃が世界の首脳を

招いて開いた慈善舞踏会にド・ゴール大統領も出席

します。


ここで、世界各国がモナコを支持していることを見て、

ドゴールはモナコへの課税を断念するのです。


ド・ゴールは、尊敬する偉大な軍人・政治家です。

その話は、またの機会にしましょう。