近づくこがし祭り

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


「今年は中々梅雨が明けないねえ。今日も曇天

で、蒸し暑い一日だったなあ」


「明後日15日は、来宮神社例大祭、こがし

祭りだよ。

今晩も、子供たちが山車の上で鳴らす太鼓の

稽古をしている音が聞こえてくるね」


「こがし祭りは、熱海の各町が山車を出して、

夜の市内を練り歩く、華やかな夜祭りだよね。


七年前に引っ越して来た時には、町内の揃い

の半纏を着て、山車と一緒に練り歩いたのだ

けど、もう身体がきつくなってしまったなあ」


「そうだね。お祭りはやはり若い人のものだ

なあ」


「今日は、午後、バラやカツラやミモザ等の

枝を高枝鋏を使って剪定したんだ。

かなり剪定したので、随分サッパリしただろう」


「あれ、剪定した枝がまだあちきちに庭に散ら

ばっているよ」


「片付けは明日なんだ。今日は剪定だけで疲れ

ちゃったからね」


「今日は午前中、林家たけ平落語おもしろ講座

に行って来たよ。今日の落語は「大山参り」。

古今亭志ん生志ん朝が演じている古典落語で、

たけ平さん熱演だったよ」


「場所はどこでやっているの」


熱海市内の清水町の公民館の座敷でやって

いるんだ。高座がないので、低いテーブルに

緋毛氈を敷いて代用しているのだけど、今日は

この高座がたけ平さんの話の途中で脚が折れて、

崩れてしまい大変だったんだ。


たけ平さんがそれにもめげず話を続けてくれて

事なきをえたのだけど、ひやっとしたなあ。

もっと、良い場所があると良いのだけどね」