パリマレ地区が舞台の映画

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は、一日雨が降ったり止んだり、冴えない

お天気の一日でした。

庭仕事が出来ずに過ごしました。


今日は、先日DVDで見た「パリ3区の相続人」

の話をしましょう。


パリ3区は、マレ地区と呼ばれます。

マレ地区は、古い貴族の邸宅がある古い街並み

ですが、今はお洒落なブチックやレストランや

カフェが並ぶパリでもトレンディな地区です。


一昨年パリに行った際に、このマレ地区の短期

貸しアパートを借りて快適に過ごしました。

それだけに、この映画はとても身近に感じられ

ました。


父親が亡くなり、マレ地区のアパートを遺産

相続するため、ニューヨークから帰ってきた

主人公のマティウス


早く売り払って、借金を清算して、人生をやり

直すつもりだった。


しかし、このアパートには老婆が住んでいて、

フランス独特の「ヴィアジェ」いう制度で、

この元所有者が死ぬまで売却処分することが

出来ない事が判明。

そして、毎月、老婆に年金を支払い続けなくて

はいけないのです。。。


そして、この老婆が父のパリの愛人だったこと

が分かる。


そこからストーリーがさらに発展して行く訳です

が、長くなるので省略します。


父親の愛人の存在、そして老婆の娘との恋と

話が深まり、しみじみとしたとても良い映画

でした。


そして、何よりも舞台となるマレ地区の美しさ。

あー、また行きたいなあと想わせる映画でした。