楽しい落語会

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は久しぶりに林家たけ平さんの

落語の会を楽しみました。


前回は「シャンソンで覚えるフランス語」

の講座と重なり出席出来ず残念でした。


熱海清水町の公民館で定期的に開かれる

たけ平さんの落語会。

毎回ファンが集まり盛況です。


今日の落語は、「目黒のさんま」。

正に今の季節にピッタリの噺です。


お馴染みの噺で、オチも良く知られている

落語ですね。


今日、たけ平さんの解説で、この話は地噺と

いうそうです。


噺の途中にどんどん自分の笑いネタを入れて

行く噺を地噺というそうです。


落語の前に、いつものようにたけ平さんの

「落語ってこんなにオモシロイ!!」という

楽しい講義があります。


今日は「寄席の夏 落語会の夏」というテーマ

でとても面白い講義でした。

話が面白く、皆大笑いしながらの時間です。


今日は、講義の項目が19の問題形式に

なっていました。


例えば、「夏を代表する古典落語を挙げて

下さい。」


「落語界の神様と言われた噺家天保10年

4月1日に生まれ、明治33年8月11日

に死去した。その人物は誰か?」


二問目の答えは、初代の三遊亭円朝です。

毎年、命日に行われる円朝忌の話も面白く

聞かせてもらいました。


奥の深い落語の話をこうして身近に面白く

聞かせてもらえるのは、大変有難いことです。