ミモザ・ガーデンの日記  窓越しのミモザ

f:id:dancingbrave1986:20190302135603j:plain

今週は曇天や雨の日が多かったのですが、今日は久しぶりに陽射しが

戻りました。

やはり、明るい陽射しと青空は良いですね。

ミモザも嬉しそうです。

 

f:id:dancingbrave1986:20190302124859j:plain

 

 もし冬がなかったら、春の訪れはそんなに喜ばれないだろう。

 もし私達が逆境を乗り越えなければ、成功もそれほどうれしく

 感じないだろう。

    アン・ブラッドストリート(作家)

 

f:id:dancingbrave1986:20190302123940j:plain

確かに寒い冬や冷たい雨の日があったから、春の訪れが嬉しい

のですね。

 

f:id:dancingbrave1986:20190302124428j:plain

 

  いい日は幾らでもある。手に入れるのが難しいのはいい人生だ。

        アニー・ディラ―ド(作家)

 

確かにその通りだなあ。

でも、何がいい人生なんだろう。

 

こん言葉もあります。

 

 今さら日数なんて数えて何になりますか。

 人間が幸福を知り尽くすには、一日あれば十分ですよ。

        ドストエフスキー

     

f:id:dancingbrave1986:20190302125422j:plain

出窓の窓越しに満開のミモザが見えます。

こんな日は早春の内のほんの数日しかありません。

過ぎゆく日をゆっくりと楽しまなくては。

 

人気ブログランキングに参加しています。

下のURLをクリックして一票を投じて下されば幸いです。 

https://blog.with2.net/link/?1021998