時は去りゆく

f:id:dancingbrave1986:20190522174316j:plain

今日もピエール・ド・ロンサールの花を最初に

UPしましょう。

 

ピエール・ド・ロンサールは16世紀のフランスの

詩人だそうです。

 

f:id:dancingbrave1986:20190522111220j:plain

アイスバーグも咲いては直ぐに散ってしまいます。

 

  「時は去りゆく」

 時は去りゆく 夜も昼も

 休むことなく とどまることなく

 あまりにもひそやかな足取りなので

 いつも止まっているかのよう

   ギョーム・ド・ロリス

   愛のフランス詩集

   吉田加南子編・訳

 

f:id:dancingbrave1986:20190522111354j:plain

クレマチスの花が日毎に大きくなり、花弁が白く

なって行きます。

 

f:id:dancingbrave1986:20190522174128j:plain

毎年、アーチの右肩を飾ってくれて有難う。

来年もまた咲いておくれ。

もう見には来れないけどね。

 

f:id:dancingbrave1986:20190521171143j:plain

  

   「五月の晴れた空のもと」

 

 五月の晴れた空のもと

 時は歓びと愛に満ちている

 なべてのものの晴れやかさよ

 茂みも また垣も

 この五月 新しい葉を

 まとわぬものは何ひとつない

 

   ギヨーム・ド・ロリス

 

f:id:dancingbrave1986:20190522174208j:plain

輝かしい五月ももう少しで終りですね。

この喜びと愛に満ちたガーデンとの別れの時も

刻々と近づいて来ます。