ミモザ・ガーデンの日記 さあ、再開だ!

f:id:dancingbrave1986:20140806230826j:plain

今日も気持ちの良い秋晴れの

一日でした。

20℃前後という今の気温

は本当に爽やかですね。

 

昨日買って来た撫子を鉢植え

にしました。

沢山花を咲かせて欲しいもの

です。

f:id:dancingbrave1986:20140806230641j:plain

熱海から持って来たアメジスト

セージ フエァーリーピンクの

花が咲き始めました。

と言ってもほんの少しですが。

f:id:dancingbrave1986:20181022180343j:plain

熱海の庭では、アメジストセージ

が秋になると沢山咲きました。

この花が咲くと、あー秋だなあ

という感じが毎年しました。

f:id:dancingbrave1986:20140806231737j:plain

此秋(このあき)は何で

年よる雲に鳥

   松尾 芭蕉

 

季節の秋に、身の秋が重なって

この秋はひとしお秋の感じを

深く感じる。

秋がどっと押し寄せて来て、

老衰が一時に至る思いだと

いう句です。

「何で年よる」という言葉が

とても効果的ですね。

本当に身に沁みる名句です。

f:id:dancingbrave1986:20140806231055j:plain

良寛の歌にも秋の哀しみを

詠った良い歌があります。

 

何ごとも みな昔とぞ

なりにける 花に涙を

注ぐ今日かも

 

「昔の友だちの家に行きて

詠める」との詞書がある歌。

亡くなった友を忍ぶ歌なの

でしょう。

f:id:dancingbrave1986:20140806230753j:plain

思へ君 心慰む 月花も

積もれば人の 老いとなるてふ

 

あれほど心慰めてくれた月や

花も、幾歳月を重ねた今は、

ただ老いを知るの身となって

しまった。

 

あまりに身に沁み過ぎて、

気持が沈み過ぎてしまう

歌だなあ。。。

と感傷に浸るのは簡単だけ

ど、もう少し前を向かなく

てはいけないね。

f:id:dancingbrave1986:20140806230701j:plain

明日から10月です。

さあ、ジム通いや小唄の稽古

を再開して、残された貴重な

時間を精一杯生きなくては。

沈んでばかりいては、いけない

よ!

f:id:dancingbrave1986:20140806230503j:plain

アサガオもまだ頑張って咲いて

いるからね。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998