ミモザ・ガーデンの日記 紅葉はなごり

f:id:dancingbrave1986:20201127124802j:plain

京都の紅葉見物の最後に訪れた

のは天龍寺です。

足利尊氏醍醐天皇の菩提を

弔ううために創建した臨済宗

天龍寺派大本山

広大な池泉回遊式の曽源池庭園

があります。

f:id:dancingbrave1986:20201127124819j:plain

この庭園は本当に大きな庭園で、

雄大な眺めの庭園と言えるで

しょう。

世界遺産に指定されています。

f:id:dancingbrave1986:20201127124941j:plain

大方丈と呼ばれるこの大きな建物

から見る庭園の眺めも雄大です。

まあ、個人的にはあまりに雄大

過ぎる感じもするのですが。。。

f:id:dancingbrave1986:20201127125222j:plain

 広い境内の中の紅葉を求めて

歩き回ります。

f:id:dancingbrave1986:20201127130046j:plain

天龍寺の正門前には庭園内の

「紅葉」はなごりと記されて

いました。

なごりとは上手い表現ですが、

盛りを過ぎているということ

ですね。

f:id:dancingbrave1986:20201127124203j:plain

天龍寺には45年近く前に、パリの

駐在員生活から帰って来た直後に

来たことがあります。

パリで一緒に働いていたフランス

人の女性秘書が従姉と一緒に日本

見物に訪日。

二人を京都に案内した時、天龍寺

を見物したことを思い出しました。

ずいぶん昔のことですが懐かしい

思い出です。

f:id:dancingbrave1986:20201127123245j:plain

先日もUPした牡丹の花が咲いて

いました。

きれいな色ですね。

f:id:dancingbrave1986:20201127125623j:plain

盛りを過ぎているとは言え、

場所によってはまだきれいな

紅葉が残ってます。

f:id:dancingbrave1986:20201127124613j:plain

曹源池庭園の説明書きが

書かれた立て看板。

夢窓疎石作と伝えられる

庭園は1994年に世界遺産

に登録されたそうです。

f:id:dancingbrave1986:20201127123339j:plain

この庭の特徴の一つは背景に

嵐山を望むことが出来ること

だそうです。

f:id:dancingbrave1986:20201127125639j:plain

皮肉なことに門を出た所にある

駐車場の紅葉がきれいでした、

f:id:dancingbrave1986:20201127123212j:plain

 これで紅葉見物は終わり。

何よりも3日間良く歩いたなあ。

そして、京都の紅葉を存分に

楽しむことが出来ました。

明日、もう一回だけの京都の

写真をUPします。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて下されば幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998