ミモザ・ガーデンの日記 無事に小唄会

f:id:dancingbrave1986:20201219095135j:plain

昨日は小唄芝桃会が三越劇場

開かれました。

三越劇場での芝桃会は5年に一度

開かれていて、今回で3度目に

なります。

一回目から参加していますが、

一回目はもう15年も前になるの

ですね。

f:id:dancingbrave1986:20201219114747j:plain

今回は当初3月に開催予定でしたが、

コロナ禍で12月開催に延期となり

ました。

コロナの感染がまだ終息していない

ので、果たして開催できるのか心配

でしたが、関係者のご努力で無事

開催することが出来ました。

ども、無観客でということで、広い

劇場は観客席はガランとしています。

f:id:dancingbrave1986:20201219174310j:plain

椅子にはこの札が貼られていて、

関係者以外は入場出来ません。

立派な劇場なのに残念なことです。

f:id:dancingbrave1986:20201219102926j:plain

舞台から見るとこんな感じです。

まだ開演前ですが、開演後も

あまり変わりません。

f:id:dancingbrave1986:20201219112823j:plain

 三越劇場の楽屋です。

この部屋は改装されて、新しい感じ

ですが、ほかの部屋は畳敷きの古い

部屋もあります。

楽屋で着物と袴に着替えます。

と言っても自分では出来ないので、

着付けをして頂きました。

f:id:dancingbrave1986:20201219134621j:plain

昨日唄われたのは約60曲。

唄う前は幕が下りていて、準備が

出来ると幕が上がります。

そして歌い終わり頭を下げている

内に幕が下がります。

f:id:dancingbrave1986:20201219163702j:plain

同門の出演者の他に他の会から

の参加者もあります。

一番ご高齢の方は93歳の方。

ここでは私などまだまだ齢だとは

言えません。

f:id:dancingbrave1986:20201219173211j:plain

最後の方には、小唄と一緒に踊り

(立方)が入ります。

踊っているのは浅くさの芸者さん

了子さんです。

舞台が一気に華やかになります。

f:id:dancingbrave1986:20201219174533j:plain

こちらは赤坂の名妓西川鯉久子さん

の踊りです。

f:id:dancingbrave1986:20201219173134j:plain

私が唄ったのは「木小屋」という唄。

大変色っぽいテーマで難しい唄です。

きっと福了子さんみたいなきれいな

女の人が主人公なのでしょう。

私の唄には踊りは入らなかったの

ですが、お写真をお借りしました。

f:id:dancingbrave1986:20201219171301j:plain

寿獅子舞も入って舞台が盛り上がり

ました。

f:id:dancingbrave1986:20201219175253j:plain

無事に舞台が終了して花束の贈呈。

一番右が春日流会長の春日とよ栄芝

先生です。

87歳になられますが、とても御元気

で、この日も三味線を弾いてくだ

さったり色々とアドバイスを頂き

ました。

右から三番目が私の師匠の春日とよ

芝桃先生です。

無事成功裏に芝桃会が終わって

良かったですね。


はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998