想い出のミモザガーデン

f:id:dancingbrave1986:20120604140001j:plain

東京ではコロナウイルスの感染

が止まらず、また緊急事態宣言

が発出されることになりました。

ワクチン接種が広く行われる迄

当面は我慢の日々が続きますね。

f:id:dancingbrave1986:20160607170708j:plain

昨日は昨年12月に行った北区の

後期高齢者健康診査の結果に

ついて、検査を受けた病院で

先生から説明を受けました。

幸い検査結果には異状はなく、

ホッとしました。

f:id:dancingbrave1986:20180521173316j:plain

今日は懐かしのミモザ・ガーデン

特集です。

ミモザ・ガーデンの写真を順序

や季節に拘らず、良いと思った

ものをUPしてみました。

f:id:dancingbrave1986:20180601185012j:plain

花の接写の写真ではなく、なるべく

庭全体の感じが伝わるような写真を

選びました。

f:id:dancingbrave1986:20190530131009j:plain

もう無くなったガーデンですが、

こうしてアルバムのようにして

記憶にとどめるのも悪くない

かなと思った次第です。

f:id:dancingbrave1986:20120526121737j:plain

カフェミモザでは、季節の良い

時季にはガーデンでランチを

召し上がって頂くこともあり

ました。

f:id:dancingbrave1986:20120524095609j:plain

バラの花は、初期の頃の方が

きれいに咲きました。

施肥や剪定をマメにしないと

花は長続きしませんね。

f:id:dancingbrave1986:20120604135951j:plain

高低の差がある花を植えて

ガーデンを立体的にするの

は、ガーデニングの初歩

ですね。

ジキタリスやカンパニュエラ

は欠かせない花です。

f:id:dancingbrave1986:20180601125057j:plain

べた植えにせずに出来るだけ

混植にすることも同様です。

宿根草一年草の混植もし

なければいけません。

いけない!また、自慢という

か講釈めいてきました。

f:id:dancingbrave1986:20190423170437j:plain

チューリップは毎年沢山の球根

を植えました。

この年のチューリップの花は

少しは派手でしたね。

f:id:dancingbrave1986:20190504161754j:plain

マーガレットやノースポール

も欠かせない花でした。

花期が長く花がら摘みの必要

がないのが何よりです。

f:id:dancingbrave1986:20190603123140j:plain

アスチルベも好きな花です。

自分の出番を心得ていて、

毎年花を咲かせてくれます。

f:id:dancingbrave1986:20140526141137j:plain

ピエール・ド・ロンサールは

植えた当初は良く咲いてくれ

ました。

バラ造りは苦手でした。

バラは一年中手間がかかり

ますからね。

f:id:dancingbrave1986:20140531102305j:plain

クレマチスも毎年良く花を咲か

せてくれまちす。

なーんて、ダジャレにもなって

いませんね。

f:id:dancingbrave1986:20190503113557j:plain

この庭もゼロから始めて独りで

造りました。

暑い夏の日も一日中庭仕事を

していたので、真っ黒に日焼け

したものです。

でも、今思うとこの頃庭仕事を

毎日したり、カフェの仕事で

一日中立ち放しで働いたことが

身体には良かったのかもしれ

ません。

f:id:dancingbrave1986:20120531092830j:plain

こうして見ると懐かしさで一杯に

なります。

でも、もう無くなったガーデン

をいつまでも引きずって行く訳

にはいけませんね。

前に進まなくては!

そして、時々は庭造りを頑張った

10年間の思い出として、写真を

見ながら偲ぶことにします。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998