千鳥ヶ淵の桜

f:id:dancingbrave1986:20210327173626j:plain

東京の桜は今が満開。

それなのに明日は春の嵐が来るとの

天気予報です。

これでは桜は散ってしまいますね。

その前に毎年行っている千鳥ヶ淵

桜を見なくてはと思い、夕方出かけ

ました。

いやー、やっぱり千鳥ヶ淵の桜は

きれいですね。

f:id:dancingbrave1986:20210327174143j:plain

満開の桜と皇居のお堀。

この取り合わせは最高ですね。

千鳥ヶ淵の桜は殆どが老木ですが

さすがに良く手入れされています。

f:id:dancingbrave1986:20210327172849j:plain

着いたのが五時少し過ぎで、まだ

明るかったのですが、もう夕暮れ

の景色です。

f:id:dancingbrave1986:20210327174558j:plain

お堀のボートに乗っている人はもう

いなかったですね。

例年は夜にも見かけましたが。

f:id:dancingbrave1986:20210327174719j:plain

この紫の花なんでしょうかね。

お堀端に咲いていました。

桜とのコントラストがきれいですね。

f:id:dancingbrave1986:20210327175034j:plain

こちらは菜の花。

やはり桜とのコントラストがとても

きれいでした。

f:id:dancingbrave1986:20210327175357j:plain

段々と日が暮れて来ます。

例年あるライトアップは今年は無し。

ライトアップされると本当にきれい

なのに残念。

f:id:dancingbrave1986:20210327175806j:plain

千鳥ヶ淵は飲食をしながらのお花見は

例年でも出来ません。

桜を歩きながら眺めるお花見ですが、

コロナ禍でもこのスタイルなら、

あまりリスクはないと思いますが。

今日も大勢の人が歩きながらの

お花見を楽しんでいました。

f:id:dancingbrave1986:20210327175946j:plain

桜の花の咲く頃に何度か引用した

歌です。

 

ちる花をなにか恨みん 世の中に

わが身もともにあらんものかは

  古今歌集 よみ人しらず

 

散る花をなんで恨もうか、恨みは

しない。

花が永久にあるとしても、それと

共に我が身もあるというもので

あるのか。そうでないわが身なの

だから。

 

ちょっと回りくどい言い方ですが、

花が散ってしまうことは恨まない

よ。どうせわが身も散ってしまう

のだから。。という歌です。

f:id:dancingbrave1986:20210327172331j:plain

英国大使館の前の道も毎年通ります。

静かで良い道ですね。

あと何回この花見が出来るかなあ。。

と思いながら帰りました。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998