欠かせぬ花

f:id:dancingbrave1986:20210401142836j:plain

今年の春に行った京都市立植物園の

チューリップの花壇です。

桜を見に行ったのに思いがけずきれい

なチューリップを見れました。

ピンクと赤の鮮やかな色の花でした。

f:id:dancingbrave1986:20211103101558j:plain

もうそろそろチューリップの球根を

植える季節になって来ました。

もう少し気温が下がってからが良い

と思いますが、園芸ショップに行く

と、球根が沢山並べられていますね。

そんなことで少し球根を買ってしま

いました。

先ずはピンクですね。

f:id:dancingbrave1986:20211103101620j:plain

一緒に単色咲き混合の球根。

両方合わせても40球だけです。

f:id:dancingbrave1986:20210401142911j:plain

こんな風に沢山の花を咲かせてみたい

ものですが、狭い庭では叶わぬこと

です。

f:id:dancingbrave1986:20210404111009j:plain

今年の春の我が家の庭のチューリップ。

チューリップほど花を咲かせるのが

簡単な花はないですね。

球根を植え込んでおけば自然に育って

花を咲かせます。

f:id:dancingbrave1986:20210417090404j:plain

去年は球根を買い過ぎたのでプランター

にも植え込みました。

育てやすい反面、チューリップは花期

が短いのが難点です。

きれいなのはせいぜい2週間くらいです

からね。

f:id:dancingbrave1986:20210404160545j:plain

まあ、何だかんだと言いながらやはり

春の花壇には欠かせない花ですね。

今年ももう少し球根を買って植え込む

ことにしましょう。

f:id:dancingbrave1986:20180406113417j:plain

熱海のミモザ・ガーデンでは、毎年

かなりの数のチューリップを植えま

した。

f:id:dancingbrave1986:20180416142022j:plain

年末近くになると、球根の処分セール

になります。

好みの色の球根が残っていないなんて

こともありますが、大量に植え込むの

で贅沢は言えません。

f:id:dancingbrave1986:20190417124729j:plain

これは一昨年、ミモザガーデン最後の

年のチューリップです。

赤と黄色の2色の花のチューリップが

中心になってしまいました。

派手過ぎていやだなあと思ったのです

が、こうして降り返って見るとそんな

に悪くないかな。

f:id:dancingbrave1986:20190425101103j:plain

何でも過去のもの、過ぎ去ったことは

懐かしく、美しく思えるのですね。

そして、咲いては散って行く花たち、

命に限りがあることを改めて思います。

 

 ちる花のをなにか恨みん 世の中に

 わが身もともにあらんものかわ

   古今和歌集 よみ人しらず


 散る花を恨みはしない、花が永久に

 散らずにあるとしても、それと共に

 我が身もあるというものではない

 から。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998