今年のバラの回顧

f:id:dancingbrave1986:20210430084721j:plain

今日はミモザガーデンの今年の春のバラ

の写真をUPします。

年末も迫り、今年のガーデンの回顧など

をする時期ですからね。

バラの写真と言っても、アーチに這わせた

スパニッシュ・ビューティしかないのです

けど。

f:id:dancingbrave1986:20210430104719j:plain

今年の春は沢山花を咲かせ狭い庭を

華やかに彩ってくれました。  

f:id:dancingbrave1986:20210429085052j:plain

華やかに咲いて散って行く花を見ている

とこんな言葉が浮かびます。

 

 ああ、どうしてこんなに疾く(はやく)

 年が行くのか。

 やっと自分のする術がわかり始めた時に

 消えてゆかねばならないとは!

    ブルーデル(フランスの彫刻家)

f:id:dancingbrave1986:20210430084722j:plain

確かに年が早く経って行ってしまう感じ

は年ごとに強くなります。

自分のする術は分からないままに過ぎて

しまいそうですが。

f:id:dancingbrave1986:20210430084601j:plain

バラがきれいに咲く季節は人の一生で

言えば、青春時代ですね。

f:id:dancingbrave1986:20210429085332j:plain

 年月は 行きかもするに 老いらくの

 来れば行かずに 何つもるらむ

         良寛

 歳月はいつの間にか行き過ぎてしまう

 のに、老いはやってくると何故にその

 まま人の身に積もってゆくのだろう

f:id:dancingbrave1986:20210429114202j:plain

この頃の花壇はもうチューリップの花は

終っていますが、華やかな花が咲いて

います。

f:id:dancingbrave1986:20210429084623j:plain

バラの花びらが散り始めていますね。

f:id:dancingbrave1986:20210428181743j:plain

 行く水は 堰とどめても ありぬべし

 過ぎし月日の また返るとは

        良寛

 

 流れる水を堰き止めてしまうことはでき

 ても、過ぎ去った月日はもう取り戻す

 ことはできない。

 せめてこれから来る老いを、堰き止めら

 れないものかと。

f:id:dancingbrave1986:20210507151753j:plain

今日は今年のバラの回顧というよりは

シニア・ガーデナーの嘆きみたいに

なってしまいました。

華やかなバラの花にふさわしくないの

ですが、きれいに咲いている花を見る

とふと無常観に襲われてしまいます。

まあ、あまり暗い話はこの辺で止めて

おきましょう。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998