明治神宮の花菖蒲見物

 今日は薄曇りであまり暑くない

 一日でした。

 そこで、懸案であった明治神宮

 御苑に花菖蒲見物に行きました。

 赤羽から原宿までJRで約30分、

 明治神宮外苑は原宿駅の直ぐ近く

 です。 

 大鳥居をくぐって暫く歩くと、

 御苑の入口に到着。

 入苑料は500円です。

 苑内は83,000㎡の広さが

 あります。

 最初に目に入るのは南池

 (なんち)と言われる池

 です。自然の古池で睡蓮

 の花が咲いています。

 今日の目的は花菖蒲なの

 で、写真を数枚撮っただ

 けで移動します。

 南池の小径を進むと深い森

 に包まれた花菖蒲田が現れ

 ます。

 このアプローチ良いですね。

 この花菖蒲田には150種、

 1,500株の花菖蒲が育て

 られているそうです。

 花菖蒲は今が今が見頃で

 とてもきれいでした。

 今日は絶好の見物日和

 でした。

 この花菖蒲田は元々は稲田

 だったそうです。

 昭憲皇太后をお慈しみのため

 に明治天皇のお指図により、

 今の花菖蒲園に改められた

 とのことです。

 前方に東屋を望むこの眺め

 良いですね。

 この菖蒲園が良いのは周囲の

 眺めが素晴らしいことです。

 緑に囲まれていますからね。

 周囲の斜面にはモミジ、ヤマブキ

 サツキ、ハギなどが植えられてい

 ます。

 今日は日曜日のせいもあってか

 多くの見物客が訪れていました。

 ここの花菖蒲は毎年見たいなあ。

 とシニアは思っていますが、

 どうでしょうか。

 せめて来年、再来年位はどう

 かなあ。

 この数寄屋造りの木造家屋は

 昭憲皇太后のご休息所として

 明治天皇が造られたそうです。

 明治天皇のこの地を良く訪れ

 られたそうです。

 

   うつせみの

   代々木の里は

   しずかにて

   都のほかの

   ここちこそすれ

     明治天皇

 

はてなブログランキングに

参加しています。

下のURLをクリックして

一票を投じて頂ければ幸い

です。

https://blog.with2.net/link/?1021998