ニースからムスティエに向かいました。

人気ブログランキングへ

今日も快晴の一日でしたが、相変わらずの

寒さですね。


今日もカフェミモザは定休日。

三島の食遊市場までランチの材料を買い出しに

行きました。

車で片道40分位かかります。

寒さで野菜の値段が上がってました。

やれやれです。


帰り道に園芸ショップに寄ってみましたが、

春の花の苗は入荷してなかったです。

かなり大きくなった千鳥草の苗が売れ残っていた

ので、買って帰りました。

きれいな花ですが、あまり人気ないようですね。


さて、プロバンスの旅日記(その3)を続けます。


ニースで一泊して、翌朝は次の目的地ムスティエ

に向けて出発しました。

ムスティエに行くことが、この旅の大きな目的

です。


この写真は、途中で寄った香水の町として有名な

グラースの町です。

ニースから35キロ位のところにあります。

美術館や香水工場の見学などがお勧めコースの

ようですが、先を急ぐので、町を少し散歩した

だけで、出発しました。


これはムスティエで2泊したホテルです。

町のはずれにありますが、町まで歩いて行け

ます。

途中道に迷ったり、険しい山岳ルートを経て、

このホテルに無事到着した時はホッとしました。

ニースから150キロ位だったと思いますが、

やっと着いた!という感じでした。


ムスティエまでの道は、途中からフランスの

グランドキャニオンと呼ばれるヴェルドン渓谷

を通らなければなりません。


峡谷の深さ最大700メートルという断崖絶壁の

道です。

道幅の狭い急カーブが続く道で、ガードレールも

ありません。

息をのむような絶景でしたが、写真を撮っている

余裕がなかったです。

今思うと撮っておけば良かったのですが..


ムステイエは、海抜580メートルで、村から

は背後にそびえる岩山が望めます。


ムステイエの陶器は、1679年にイタリアから

やって来た陶芸家によって始められ、白地にきれい

な絵付けがされた陶器は、ヨーロッパ中に広まり

ました。


しかし、19世紀になると衰退し、一時は窯が完全

に閉ざされてしまったそうです。

1925年に再開され、現在は伝統的な製法で多く

の陶器が焼かれています。


村の真ん中を澄んだ水の急流が流れています。

このきれいな水が良質な陶器作りに役立って

いるようです。


村には陶器を売っているこんなお店が沢山あり

ます。

ムステイエの滞在記はまだまだ続きます。

人気ブログランキングに参加しています。

よろしければ、下のバナーをクリックして

応援して下さいね。

人気ブログランキングへ