想い出のムスティエ

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


朝方、強い雨の音で目が覚めました。

昼になっても雨は降り止まず、今日は暗い一日

でした。


こんな日は、アルバムを繰って、何か良い写真

を探さなくては。。。


ということで、今日は以前に行ったプロヴァンス

の陶器の村、ムスティエ・サント・マリーの写真

とそこで買ってきた陶器の写真をUPしましょう。


ムスティエは、プロヴァンスの山の中にある

小さな美しい村です。


ニースから、ヴェルドン渓谷沿いの断崖絶壁の

道を辿って、車で3時間位で着きます。


村の中には、このような陶器を売っているお店

が沢山あります。


ムスティエの陶器は、すべて手描きです。

絵のテーマは花が多いですね。

自然で、素朴な美しさに溢れています。


ムスティエの陶器は、17世紀に始まり、栄え

ますが、19世紀末に閉鎖されてしまいます。


その後、20世紀初頭に再興されて、現在に

至っています。


陶器は大きなものから小さなものまで多種多様

なものがあります。

値段もピンキリで、高価なものはとても手が

出ません。


買ってた陶器は、そんなに高いものではあり

ませんが、大事に抱えて帰って来ました。


ムスティエの陶器は装飾的なもので、日常に

使うものではないので、カフェミモザでは、

飾り棚に飾ってあります。


ムスティエは、人口700人ほどの本当に小さな

村です。

石畳の坂の多い村で、村の中心を清流が流れて

います。


ムスティエの村は、色々な花に溢れていて、

本当にきれいだったなあ。。。


と写真を眺めながら、感慨に浸っています。


もう、ムスティエには、行けないかもしれません

が、こうして買って来た陶器を眺めていると、

遥々と訪ねて行ったムスティエの美しい村が

鮮やかに想い出されます。