ムスティエの陶器

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


昨夜は、久しぶりに雨が降りました。

朝には、もう晴れていたのですが、かなりの

雨だったようです。

乾き切っていたガーデンには、恵みの雨

でしたね。


今日は、南仏にあるムスティエ窯の陶器の

小さな鉢の写真をアップします。


ムスティエは、正式には、ムスティエサント

=マリーと言い、プロヴァンス地方のヴェル

ドン(Verdon)川の峡谷の中にあり、

「フランスの最も美しい村」の一つに認定され

ています。


村の中を、清冽な川が流れている陶器で有名な

村です。


この村の窯で作られている陶器が好きで、

これまでに、二度訪れたことがあります。


いずれもニースから、車で行きましたが、絶壁の

渓谷沿いの道を行く、かなりスリルのある

ドライブ・ルートです。


これは、燭台です。

手描きの独特なタッチの絵柄が、ムステイエ焼

の特徴です。


ブルーの絵付けの一輪差しです。


これも一輪差しです。


こちらは、少し大きめの花瓶です。


村には、陶器を売っているお店が沢山あります。

色々な陶器を売っていて、値段も高価なもの

から安いものまで、様々です。


出来ることなら、また、行ってみたいと思い

ますが、どうかなあ。

遠くなりましたね。


人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして、応援して

くださいね。