もうお陀仏だ

f:id:dancingbrave1986:20210602155254j:plain

この花ハンギングに植えたのですが、

4、5日前に花が全部散ってしまい

ました。

あーあ、短命な花だったなあ、何か

他の花に植え替えなくてはと思って

いたら何とまた花を沢山咲かせて

います。

まだまだきれいな花を楽しめそう

で良かった。

f:id:dancingbrave1986:20210602155546j:plain

花の命は儚くてと言いますが、花を

育てていると、花には強い生命力が

あることを実感します。

咲いては散って、また花を咲かせる

ことの繰り返しですが。

f:id:dancingbrave1986:20210602101207j:plain

「ありがたいことに、ふんだんにまだ

 花が咲いている。ひっきりなしに

 何かが咲いては、なにかがしぼんで

 いる。しぼんだ花をたえず切り取ら

 なければならない。

 そして、切りながら園芸家はつぶやく、

 「おまえも、もうお陀仏だ」

(自分に向かってでは、決してない。

 花に向かってだ。)

f:id:dancingbrave1986:20210602101135j:plain

これシニア・ガーデナーさんさんの

ことだね。この意地の悪さは半端じゃ

ないものね。

バカ言え。これはカレル・チャペック

という有名なチェコの園芸家の本、

「園芸家12か月」という本にある言葉

なのだよ。

f:id:dancingbrave1986:20210602100807j:plain

ガーデナーというのは皆根性が悪い

のだなあ。

シニア・ガーデナーさんが鋏を持って

いる時はあまり良い顔してないものね。

まあ、君には分からないだろうけれ

ど、ガーデナーは花を摘む時にも、

よく頑張ったね。もうさよならだと

思いながら鋏を動かしているのさ。

でも、もうすぐ自分もお陀仏だと感じ

ているのだろうね。年だから散って

行く花に己が姿を見ているのかね。

うるさい!生きていることの儚さは

君にはまだ分かるまい!

f:id:dancingbrave1986:20210602112918j:plain

ホームセンターに午前中立ち寄りました

が、あれこれ眺めて何も買わずに引上げ

ました。

こういうプランターを眺めていると、

つい欲しくなります。

でも、我慢、我慢。もう置くスペース

がないですからね。

f:id:dancingbrave1986:20210602112926j:plain

プランターはセラミックの物が良い

のですが、問題は重いことです。

最近はプラスチックのプランター

かなり使っていますが、どうしても

安っぽく見えますね。

f:id:dancingbrave1986:20210602155324j:plain

今日のアジサイです。

日毎にブルーの色が深みを増して

います。

f:id:dancingbrave1986:20210601163853j:plain

これはご近所のお宅のアジサイ

きれいに咲いていますね。

今はあちこちのお宅の玄関先や

垣根のアジサイが咲いています。

f:id:dancingbrave1986:20210602155331j:plain

小さかったアナベルの花がようやく

大きくなってきました。

花も段々白くなってきています。

f:id:dancingbrave1986:20210602100909j:plain

今日も午後に昼寝。

暑くなって来て、体力の消耗が激しい

ようです。

まだ、まだお陀仏はしたくないのです

けどね。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998