パリの国立古文書館

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は、お陰さまで、カフェの仕事が忙しい

一日でした。

そんな訳で、ガーデンの写真は、ゆっくりと

撮れず仕舞い。

まあ、元々今のガーデンには、あまり花がない

のですがね。


「何かネタがないかなあ」と、去年のパリの旅行

の写真を見直していました。

「あー、懐かしいなあ」とか、「良かったなあ」

と眺めているばかりで、どうするのか、中々決ま

りません。


そして、「これにするかなあ」とやっと決めたの

が、マレ地区にある国立古文書館の庭の写真です。


去年の旅行記に載せているのですが、もう一度

UPしますね。


マレ地区の短期貸しのアパートに泊まったの

ですが、この地区は写真のような、古い情緒の

あるパリらしいところです。


マレ地区には、お洒落なブティックやカフェや

レストランがあって、散歩していてとても楽し

いところです。


散歩の途中に、美術館や公園もあります。

この国立古文書館も、散歩の途中にふらりと

立ち寄りました。


14世紀に造られた貴族の館は、何度も改築され

た後に、1808年にナポレオンによって、国立

古文書館になったそうです。


建物の中には、入らなかったのですが、広い庭園

を見物することが出来ました。


広い中庭の他に、何ヵ所かのガーデンがあります。


パリの街の中心にこんな公園があるのは、羨まし

いですね。


アジサイがきれいに咲いているところもあり

ました。


小さな広場のようなガーデンもあります。

イングリッシュ・ガーデンとは全くスタイルが

違いますね。


生垣で囲われた花壇もあります。

夏だったので、花がもう咲き終わっているよう

でしたが。


散歩の後には、お洒落なカフェで、コーヒーを

飲んで、ゆっくりと過ごすのも良いですね。