自戒の言葉

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


去年植えたエキナセアがいつの間にか花を

咲かせています。

こうして今年も咲いてくれると嬉しいですね。


エキネセアは、冬の間はすっかり葉や茎が枯れ

てしまうので、うっかりすると根があるのに

気付かずに、掘り起こしてしまう可能性があり

ますね。


ミモザガーデンの宿根草は、チョコレート・

コスモス、ウインターコスモス、フジバカマ、

秋明菊ミソハギ等が夏から秋にかけて咲き

ます。


久しぶりに登場のミモザ4兄弟の次男坊です。

花の後にバッサリと剪定したのですが、また

成長してきて葉がきれいに茂っています。


来年の春の開花まで、順調に過ごして欲しい

ものです。


今日は午後時間があったので、久しぶりに

ラ・ロシュフコ―の箴言集を読み直して

みました。


偽善や自己満足を嫌う鋭い言葉を読みながら、

身を引き締められるように感じました。


「老人たる術を心得ている人はめったにいない」


うーん。老人たる術って何でしょうかね。

若ぶらず、年寄り臭くなく、愚痴を言わず、

ボケずにいることかなあ。

確かに難しいことですね。


「少ない口数で多くを理解させるのが大才の

特質なら、少才は逆に多弁を弄して何ひとつ

語らない天分をそなえている」


確かにね。余計な事ばかり喋っていて、一体

何を言いたいのか良く分からないということ

がありますね。


「われわれは生涯のさまざまな年齢に全くの

新参者としてたどり着く。

だから、多くの場合は、いくら年をとって

いても、その年齢においては経験不足なので

ある」


この言葉の通りだなあ。この年においては

経験不足なんです。