自慢話です

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は、自慢話を二つです。


先ず一番目は、我が家のミモザについてです。

今日、ウオーキングの途中で会った方から「今年は、

お宅のミモザがすごく見事に咲いていますね」と、

褒めて頂きました。


「そうですか。ありがとうございます」とさりげ

ない振りをしながらも、内心では「ヤッタ―!」

と喜んでいます。


まあ、カフェミモザのシンボル・ツリーですからね。

見事に咲かせないわけにはいきませんよ。

なーんて、口には出しませんが。


ここで、同じご町内のミモザの木をUPします。

こちらのお宅のミモザも良い樹形をしていますね。


こちらのお宅のミモザも、ウオーキングの途中で

いつも目にします。


去年、強風で倒れてしまっていたので、心配しま

したが無事に立ち直ったようです。


さて、自慢のその二はクリローです。


今朝、庭仕事をしていると、通りかかったご近所

の方が、「クリスマスローズ、本当に見事に咲い

ていますね。

どうしたら、こんなにきれいに咲かせることが

出来るのですか?」と褒めて下さいました。


「えー、そうですか。大したことありませんよ。」

と言いながら、思わず満面の笑みです。


 称賛を固辞するのはもう一度誉めてほしいと

いうことである。

       ラ・ロシュフコ―箴言


この言葉、痛烈な皮肉ですが、良く分かりますね。


こうして、今日は気持ちの良い一日でした。


 本当の紳士とは、どんなことも鼻にかけない

人である。

       ラ・ロシュフコ―箴言


いくら褒められても、この言葉を胸に刻んでいか

ないとね。