ミモザ・ガーデンの日記ー東京編(4)

 

f:id:dancingbrave1986:20200107125443j:plain

毎日庭を見ては、あーあ、狭いなあ。。。

と思います。仕方のないことなのですが。

 

狭い庭を慰めるこんな言葉があります。

 

「庭の広さは一切関係ない。情熱とセンス

さえあれば、僅か一坪にも満たない土地に

壮大な幽玄の世界を構築することだって

できる。」

 「安曇野の白い庭」  丸山健二

 

f:id:dancingbrave1986:20200107125309j:plain

 情熱とセンスか。。。

 どっちも足りないような気がするなあ。

 

 でも、いつまでも熱海のミモザ・ガーデン

 のことを懐かしがっていても、仕方ない

 話ですね。

 

f:id:dancingbrave1986:20200120133023j:plain

 新しい環境で一生懸命にやって行くしかない

のでしょう。

     

こんな言葉も同じ本にはありました。

「個人の家の庭となると、絶対に欠かせ

ない条件はあくまでも個性の魅力だろう。」

 

その通りですね。庭にはガーデナーの個性

が表れます。結局は個性の勝負なのですね。

     

f:id:dancingbrave1986:20200120153340j:plain

家のすぐ近くにあるナショナル・トレイニング

センターです。

最近竣工した立派な建物です。

オリンピックを目指して、ここで多くの選手

がトレイニングをしています。

   

f:id:dancingbrave1986:20200120153530j:plain

こんに大きなロゴが飾られています。

この前を毎日歩いていますが、時々

立派な身体のアスリートを見かけます。

 

はてなブログ人気ランキングに参加して

います。

下のURLをクリックして一票投じて

下されば幸いです。

 https://blog.with2.net/link/?1021998