ミモザ・ガーデンの日記ー銀座で映画

f:id:dancingbrave1986:20200719094110p:plain

新しい写真のブログへの取入れが相変わらず

出来ません。

あれこれとやっているのですが、どうにも

上手く行きません。。。

今日も仕方なく過去にブログにUPした写真

を使います。

これはバガテル公園のバラですが、パリの

バガテル公園なのか伊豆河津のバガテル公園

なのかはっきりしないのだなあ。

どちらも何回も行きましたが。。。

20111124120828

昨日は世田谷成城の老人ホームにいる叔母を

見舞いに行って来ました。

コロナウイルスのため長い間面会が許可され

なく、久しぶりの面会でしたが、元気そう

だったので安心しました。

 

帰りに銀座に寄って、「ぶあいそうな手紙」

という映画を見て帰りました。

映画館シネスイッチ銀座でしたが、地味な

映画のせいかガラガラに空いていました。

ブラジル映画でしたが、同じ年位の老人が

主人公。

f:id:dancingbrave1986:20200719203002p:plain

ブラジルのポルト・アレグレという町で

独り暮らし。おまけに目が不自由になって

いて、手紙も読めません。

その老人の許に、若い時に主人とも友人

だったウルグアイに住む女性から、主人が

亡くなって寂しいとの手紙が。。。

 

サンパウロウルグアイブエノスアイレス

等若い時に仕事で行ったことのある国や街

が出て来て、懐かしく親しみが持てました。

老後の孤独、手紙を代読、代書してくれる

若い女性との交流、息子や孫との関係、隣人

の親友の死等々とても身に沁みるテーマ

です。

f:id:dancingbrave1986:20200719202553p:plain

そして最後に主人公の取った決断とは。。。

老後の独り暮らしを避けて、今一度新しい

生活を始めるということですが、ネタバレ

は止めておきます。

ブラジルとは現役時代の最後の5年間には、

年に4~5回は出張するなど濃密な付き合い

がありました。

サンバやカーニバルなど派手で明るい印象

のある国ですが、ボサノバには深い哀愁が

秘められています。

この映画には、フランス映画のような雰囲気

と人生に対する洞察がありました。

 

はてなブログランキングに参加して

います。

下のURLをクリックして一票投じて

頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998