寂しい浅草

f:id:dancingbrave1986:20210708161557j:plain

 このおしゃれなカフェはどこにある

のでしょうか?

青山とか表参道でしょうか。

正解は浅草の観音様の近くです。

昨日、浅草に出掛けた時に見かけ

ました。

この辺りの雰囲気とは全然違いますね。

お店の名前? 入らなかったので、

忘れてしまいました。

f:id:dancingbrave1986:20210708161847j:plain

雨のせいもあるのでしょうが、雷門の

辺りも人出は少なく、ひっそりとして

いました。

f:id:dancingbrave1986:20210709093730p:plain

以前に訪れた時の雷門。

大変な人出で賑わっていました。

外国人観光客のお気に入りの場所で、

いつも大勢の外国人を見かけました

が、昨日は殆どいませんでした。

f:id:dancingbrave1986:20210708161946j:plain

仲見世もこんなにひっそりとしていて、

閉店している店もかなりありました。

これじゃ商売になりませんね。

来週からまた緊急事態宣言の事態に

なるようで、東京の盛り場は瀕死の

状況ですね。

f:id:dancingbrave1986:20210708162657j:plain

 浅草に来たのは、浅草演芸ホール

林家たけ平さんが夜の部で真打として

出演するためです。

7月上席(1日~10日)の公演の真打

を務めています。

たけ平さんは熱海にいた頃、定期的

に少人数の落語会に来てくれ、大いに

楽しい落語を楽しんだものです。

f:id:dancingbrave1986:20210709094518p:plain

上の写真は昨日の浅草演芸ホール

本当に人通りが少なく、寄席の入り

も2~3割という寂しさでした。

この写真は、以前の写真。

いつも満席の入りで賑わっていた

のに。

f:id:dancingbrave1986:20210708171756j:plain

落語が11席の他に漫才、マジック、紙切り

曲芸などもあって全部で16の演目があり

ます。

この漫才は、にゃん子、金魚さんです。

f:id:dancingbrave1986:20210708193959j:plain

林家正楽さんの紙きり

いつもながら短時間での鮮やかな

はさみ捌きに感心します。

f:id:dancingbrave1986:20210708201310j:plain

そしてトリはたけ平さんで、この日

の演目は「竹の水仙」。

左甚五郎が出て来る古典落語です。

すごくテンポと歯切れが良い落語で

大いに楽しみました。

f:id:dancingbrave1986:20210708201626j:plain

10日間、毎日違う落語を演じておられる

ようです。

熱海で聞いていた頃に比べてさらに上達

されたようですね。

全部聞けないのが残念です。

f:id:dancingbrave1986:20210708204839j:plain

帰り道の仲見世

まだ、八時半ごろなのに何という

寂しさでしょう。

f:id:dancingbrave1986:20210708204428j:plain

浅草駅までのアーケード。

まるでゴーストタウンですね。

これで浅草、さらに日本は大丈夫なの

ですかね。

まだまだ、長いトンネルから抜け出せ

そうもないですね。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998