私の印象派

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は、定期健診のため、東京の高輪の病院

まで出かけました。


3ヶ月に一回の検診なのですが、往復の時間と

病院での待ち時間で、一日つぶれてしまいます。

まあ、文句を言っても仕方ないのですが。


帰りに東京駅まで出て、丸の内仲通りから

ブリックスクエアーまで久しぶりに歩きました。


ブリックスクエアーの花屋さんの店頭の鉢植え

のカンパニュエラ?です。


丸の内の花屋さん(フラワー・ショップと言った

方が良いでしょうね)は、やはり垢ぬけていて、

センスが良い

ですね。


店頭に飾られている花たちもとてもきれい
でした。


丸の仲通りは、並木道の落葉樹は散ったままで、

寒々としていました。


新緑の頃や紅葉の頃のきれいな並木道が待ち

遠しいです。


仲通りからブリック・スクエアーに入る道。

何だかパリの小道みたいな感じがします。


今日のお目当ては、三菱第一号館美術館で開催

されている

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」の

見学でした。


この展覧会では、ワシントン・ナショナル・ギャ

ラリー所蔵のフランス印象派のコレクション

ルノワール、マネ、モネ、ドガシスレー

セザンヌゴッホなど)が展示されています。


日本初公開の38点を含め、全68点が展示されて

います。


展覧会のキャッチ・フレーズが「アメリカ合衆国

が誇る印象派コレクションから」となっています

が、文字通り

素晴らしいコレクションでした。


明日からカフェミモザは営業いたします。