命の儚さを想う

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


昨日撮ったバラの写真がイマイチだったので、

もう一度撮り直しました。

あまり変わらないかなあ。


ガーデンの紅葉も、もうそろそろ終わりです。

昨日、きれいに掃いておいたのに、朝ガーデン

に出て見ると、また枯れ葉が沢山散っています。


きれいに色づいて散ってゆく葉を見ていると、

つい命の儚さに想いが至ります。


  惜しめども 盛りは過ぎぬ 待たなくに

  尋めくるものは 老いにぞありける

         良寛


秋の紅葉の盛りが過ぎて行くように、人の身にも

求めてもいないのに老いが訪れてくる。待っては

くれないのだ。


  形見とて 何残すらむ 春は花

  夏ほととぎす 秋は紅葉ば

         良寛


私の生きた証しとして、何を残しましょう。

春は野に咲く花のように、夏は梢にさえずる

ほととぎすのように、そして秋は静かに風に

舞い散るモミジ葉のように。。。


  忘れては 驚かれけり もみじばの

  先を争ふ 世としりにつつ


モミジ葉が散り急ぐように、あっけなく最期を

迎えるのが人の世の常である。はかない人の命。

年と共に身に沁みる。


庭の落葉樹、トウカエデ、モミジ、アジサイ

ユキヤナギなど。。。


もう少しで全て散ってしまいます。

でも、来年になれば木々はまた若葉が芽を吹いて

生き返ってきます。

逝きて帰らぬ人の命とは異なりますね。