ハイドンの「四季」

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は、東京のすみだトリフォニ―ホール

で行われた成城学園創立100周年記念

音楽会に行ってきました。


ハイドンのオラトリオ「四季」を成城合唱団

新日本フィルハーモニーの演奏で歌い

ました。

指揮者の井上 道義さんも成城学園のOB

です。


中学時代からの友人が成城合唱団に入って

いて出演。

年なのにまだ頑張っていて偉いよ!

お陰で良い演奏会を聞け、旧友に会うこと

が出来ました。


成城合唱団は、設立が1936年という伝統

ある合唱団です。


開演前のステージ。


このホールは、総座席数1800という

大きなホールですが、今日はOB、OGを

中心にほぼ満席でした。


ハイドンのオラトリオは2時間以上の大作

です。

今日は日本語での演奏でした。


歌詞の中から感銘を受けた箇所を引用します。


眺めよ 諸人 己の姿を 春はとく終り

夏の力も去り 秋の実り過ぎ

すさびたる冬のいまわの時さえ

はや近づきたり

一年の流れ人の世の如し

今いずこにありや喜びの日 

誉れ高き愁いの日も 悩みも喜びも

はや帰らず

消えゆく豊かなる喜びの日 

ああ楽しき夜も夢の如く はや去りゆきぬ

夢の如く消えて残るは。。。?


演奏会が終り、帰る人たち。


熱海に帰って来たのは、10時過ぎになり

ました。

少し疲れましたが、充実した一日でした。