ミモザガーデンの由来

f:id:dancingbrave1986:20100323134557j:image

 今日は伝説(?)のミモザガーデン

について書きます。

2009年の5月に熱海に引っ越して

来たガーデナーは、毎日庭造りに

没頭しました。

今から思うと毎日朝から晩まで、

我ながら本当に良く働いたなあ。

今では身体がきつくて同じ作業は

もうとても出来ませんね。

そして、翌年の3月にカフェを開く

ことに漕ぎつけました。

何もかも初めてで大変でしたが、

一番困ったのがカフェの名前です。

あれこれ迷ったのですが、好きな

ミモザを名前に使うことにし、

カフェミモザとすることにしました。

そして、ガーデンにミモザの苗を

植えたのがミモザガーデンの始まり

です。

開店早々のこの写真にはまだ小さな

ミモザの苗が植わっています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dancingbrave1986/20100327/20100327125059.jpg

開店早々のカフェミモザのテラス

です。

元々、カフェを始めたのは、庭造り

が自己満足にならないように、

出来るだけ他人にもガーデンを見て

もらうことが目的でした。

オープンガーデンを始めた際に、

庭の名前を付けることになったの

ですが、迷うことなしにミモザ

ガーデンと名前を付けました。

f:id:dancingbrave1986:20130315123929j:plain

 ミモザの苗は毎年大きく育って、

花をきれいに咲かせてくれるよう

になりました。

看板通りカフェミモザとなった訳

です。

色々な方から名前の代わりに、

ミモザさんと呼ばれることも

多かったです。

f:id:dancingbrave1986:20160226113808j:image

ミモザの木は三本植え、ミモザ3兄弟

と称していました。

ミモザの開花は毎年2月初め、見頃は

2月末でしたね。

そう、もうすぐミモザの季節ですね。

f:id:dancingbrave1986:20180224225034j:image

ミモザの木は成長が早く、開花が

終ったら適当に選定してやること

が大事です。

伸び過ぎててしまうと、風で折れ

てしまったりします。

 f:id:dancingbrave1986:20180318235907j:image

ミモザの花の盛りの頃には、カフェ

に来て下さった女性の方にはミモザ

の花をカットして差し上げ、喜んで

頂きました。

 f:id:dancingbrave1986:20120229081937j:image

自然は時には厳しい試練を課します。

毎年大体2月には雪が降り、ミモザ

の木に積もります。

また、強風がミモザの木を痛めつけ

ます。

ミモザ3兄弟の長男坊は、カフェミモザ

の看板でしたが、積雪と強風のために

幹が折れて、枯れてしまいました。

 f:id:dancingbrave1986:20150315112416j:image

 カフェミモザが閉店したのが

2016年12月。

カフェミモザは閉店しましたが、

ミモザの花は相変わらずきれい

に咲いてくれました。

ミモザの花が咲くミモザガーデン

は2019年8月にガーデナーが東京

に引っ越しため、残念ながらもう

存在しません。

f:id:dancingbrave1986:20210111141056j:plain

 今、東京で小さな庭を造っている

ガーデナーは、またミモザを3本

プランターに植えました。

早く沢山鮮やかな黄色い花を沢山

咲かせて欲しいものです。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998