他の花と調和してこそ

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日も気持ちの良い初夏の一日でした。

強風が吹き荒れていた数日前がまるで

ウソのようです。


2階から見るとパーゴラのつるバラが

満開です。

でも、もうハラハラと花びらが散り始めて

います。


花壇のピエール・ド・ロンサ―ルです。


バラの花はバラだけの中で咲くのでは

なく、他の花たちと調和して咲いてこそ

より一層輝いて見えると思います。


まあ、ミモザ・ガーデンではバラが主役

ではないのでね。


それだけにバラには頑張って咲いて貰って

自己主張をして欲しいと思います。


白いクレマチスの花が一輪だけ咲きました。


茎が折れてしまい、枯れそうになったのに

頑張って花を咲かせたのです。

植物の強い生命力にいつも感心します。


カンパニュエラが次々に咲き始めました。

ジキタリスが盛りを過ぎつつあるので、

入れ替わりです。


宿根のバーベナの花も咲いています。

淡いピンクと白の模様がきれいですね。


こちらのペチュニアは赤と白の模様です。


今日も一日中庭仕事をして過ごしました。

身体を少しいじめ過ぎかなあ。

まあ、動けるのも今の内ですからね。