訪れた庭園その8-フランスの庭園

 

f:id:dancingbrave1986:20100825230636j:plain

梅雨が明けたようで、猛暑になりましたね。

猛暑の中での引っ越し準備は疲れますが、何とか

頑張って進めています。

あと、3週間!もう待ったなしです。

 

今日は、ミモザ・ガーデンのガーデナーがフランス

で訪れた庭園の写真をUPします。

最初に、フォンテーヌブロー宮殿の庭園です。

 

f:id:dancingbrave1986:20100825230539j:plain

フォンテーヌブロー宮殿は、ヴェルサイユ宮殿より

古くからフランスの宮殿です。

 

宮殿の内側に広い中庭があり、ほとんどが芝生ですが、

きれいな花の植えられた花壇が周囲にあります。

 

f:id:dancingbrave1986:20100825231519j:plain

この花壇で感心したのは花のコンビネーションの

センスの良さです。

植えられている花は、普通の花ですが、高低のアレンジ、

色のコンビネーションなどこれは良いなあ。。。と

思いました。

 

f:id:dancingbrave1986:20100825231012j:plain

ミモザ・ガーデンの庭造りでの花の配色に、大いに

参考になりました。

f:id:dancingbrave1986:20100825233513j:plain

こんな壮大な宮殿と小さなミモザ・ガーデンとでは、

比較にはなりませんが、花壇の花のカラ―・コ―ディ

ネーションは学ぶことが多かったです。

 

f:id:dancingbrave1986:20100825231443j:plain

宮殿内の見学はそこそこにして、庭園を歩き回った

ことを覚えています。

 

訪れたのが8月末でしたので、春の花が咲く庭園を

今度は訪れてみたいです。

 

f:id:dancingbrave1986:20100825192039j:plain

次はパリのルーブル宮殿に隣接するチュイルリー公園

です。

ここはヴェルサイユ宮殿の庭園を設計したフランスの

大庭園設計者ル・ノートルが設計した庭園だそうです。

 

f:id:dancingbrave1986:20100825194341j:plain

この庭園も植わっているのは普通の花ですが、

高低やカラ―・コンビネーションが素敵でした。

 

f:id:dancingbrave1986:20100825192032j:plain

コンコルド広場やルーブル美術館に面してしますが、

この庭園は周囲の喧騒がウソのような静けさです。

 

f:id:dancingbrave1986:20100825193158j:plain

遠くに見えるのはルーブル美術館です。

 

f:id:dancingbrave1986:20100825191902j:plain

このマロニエの並木道。。。良いなあ。

ゆっくりと散歩したい道です。

 

フランス人とイギリス人との美意識には、違いが

あって、庭園においてもそれぞれの個性が表れて

いると思います。

 

下のURLをクリックして一票を投じて下されば

幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998