イングリッシュかフレンチか

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。



今日も熱海は雨の一日でした。

もう一週間以上も太陽が出ていませんよ。


週間天気予報によると、晴れるのは一週間先の

来週の月曜日だって。

あーあ、これじゃガーデナーは失業ですよね。


今日は、5年前のパリ旅行の写真を引っ張り出し

てきました。

パリの公園の花の写真のUPです。


先ず最初に、ルーブル宮殿のチュイルリー庭園の

花です。

ダリアと三尺バーべナが、とても自然な感じで

植えられています。


フランス人の造るガーデンは、イギリスのガーデン

とは、色彩の感覚が少し違うように思います。


どちらが良いのかという問題ではありませんが。

フランスは、元々整型庭園の元祖で、イギリス庭園

の先輩ですね。


フランスのヴェルサイユ宮殿の見事な庭園は、幾何学

式整型庭園の代表例です。


イングリッシュガーデンは、フランスの整形庭園

に飽き足らず、よりナチュラルな感じのガーデン

を追求して行き、生まれてきたものだそうです。


フランスでも、整型庭園ばかりではなく、ジベルニ―

のモネの庭のように、ナチュラルなガーデンも多く

見られます。


しかし、同じナチュラルなガーデンでも、両者の

カラ―・コ―ディネーションには、微妙な違いが

あるように思います。


フランス人とイギリス人の色彩感覚の違いのせい

でしょうか。


これはリュクサンブルグ公園の花壇です。

ゼラニウムサルビアの取り合わせが見事ですね。


こんなカラーコ―ディネーションは、ちょっと

思い付かないなあ。


同じくリュクサンブルグ公園の花壇。

植わっているのは、ダリヤとかコスモスとかベゴ

ニアとか、ごくありふれた花です。


ただ、ここでもカラ―・コ―ディネーションが

見事ですね。

色々なガーデンを見て目を養うことが大事だと

思います。


カフェミモザは明日から3日間の定休日に入ります。