ジベル二―のモネの庭

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日も熱海は雨の一日でした。

気温も下がって、少し肌寒い感じがします。


吉谷桂子さんのガーデニングブログを読んでいたら、

最近、モネのジベル二ーの庭を訪れられた旅行記

が書かれていました。

とても懐かしい気持ちで読みました。


今日は、2007年の7月に訪れた時の写真をUP

します。

その後、2009年にも再訪しています。

去年の旅行では、時間がなくて行けなかったのが

心残りです。


ジベル―にあるモネの庭は、パリから半日のツアー

で見物することが出来ます。


ツアーの観光バスで行くのが効率的ですが、汽車で

パリからジベルニ―まで行って、ゆっくりと見学

するのも楽しいですよ。


モネの家の二階から見たゼラニウムの植わっている

玄関の前の花壇です。


モネの庭には、何本かの道があり、その両側に

色々な花が植えらています。


行きあたりに見えるのがモネの家です。

ムラサキの壁と緑の木枠が特徴です。


モネの庭は、多くの花をナチュラルな感じで植え

込んであるのが特徴です。


一見雑然としていますが、混植が良いハーモニー

を醸し出しています。


ジベルニ―では、モネの庭の見物が中心ですが、

長閑できれいな村を、のんびりと散歩するのも

お勧めです。


モネの庭は、睡蓮の池のある庭と花が中心の

ガーデンの二つに分かれています。


モネの絵で有名な睡蓮の池のガーデンももちろん

きれいです。


吉谷さんのブログによると、訪問者がすごく多く、

中国人も大勢見物に来ているそうです。


これは最近の傾向なのでしょうね。

前回行った7年前には、日本人が多くて、中国人の

姿は全くなかったですが。

まあ、今は世界中でこの傾向になっているのですね。