ミモザ・ガーデンの日記 再開します

f:id:dancingbrave1986:20140529201919j:plain

パソコンの調子が悪いし、少しマンネリに

なってきていたこともあって、ブログを

暫く休止すると書いて、早くも3週間近く

になりました。

 

この間、大変有難いことに、何人からの

方々から、ブログを続けて欲しいという

ご希望が寄せられました。

大変に嬉しく、励みになることでした。

本当に有難うございます。

よーし、もう一度やり直してみようか

という気持ちになりました。

どうかよろしくお願い致します。

 

ブログを休止して直ぐに、2泊3日で

京都に一人旅に出ました。

先ずは、この旅行について書きま

しょう。

f:id:dancingbrave1986:20140529201554j:plain

2日目に、一度訪れてみたかった京都府

植物園に行って来ました。

大変立派な植物園でしたが、殊に素晴ら

しい洋式庭園があることに感心しました。

京都だから日本庭園ばかりかなと思って

いたのですが、嬉しい予想外でした。

f:id:dancingbrave1986:20140529193650j:plain

 この案内図で見る通り、植物園の右側に

かなり大きな沈床式(sunkun)庭園があり

ます。

沈床式庭園は、西洋庭園の代表的なスタ

イルの一つですね。

庭園の中心部が地面より低く設計されて

いて、庭園が大変立体的に見えるスタ

イルになっています。

f:id:dancingbrave1986:20140529194350j:plain

庭園には、沢山のバラが植えられて

います。

7月末だったので、もう見頃を過ぎて

いましたが、まだバラの花が残って

いました。

f:id:dancingbrave1986:20140529201050j:plain

 バラの盛りの頃に来たかったですね。

京都というと、桜と紅葉の時期に何度

も来ていますが、京都にバラを見に

行くというのも、少し洒落ているかな。

いや、そういうのをキザというのかも。

f:id:dancingbrave1986:20140529195721j:plain

植物園はコロナのせいもあって、本当に

人が少なく静かでした。

ほとんど独り占めという感じですね。

 

まだ、梅雨の最中でしたが、幸い3日間

雨が降らず、幸運でした。

陳腐なセリフですが、まあ、日ごろの

行いが良いせいですかね。

f:id:dancingbrave1986:20140529194556j:plain

こうやって洋式庭園の写真を眺めて

いると、何となくイギリスの庭園に

いるような感じがしますね。

とても、ここが京都の中心とは思え

ません。

f:id:dancingbrave1986:20140529200014j:plain

このベンチに腰掛けて一休み。

冷たいお茶を飲んで、心身ともに

安らぎます。

まあ、じいさんが一人で座って

いても、あまり絵になりません

けどね。

「恋に疲れた女が一人。。。」

じゃなくてはね。

f:id:dancingbrave1986:20140529201300j:plain

 このアーチのパーゴラには、バラが

咲いていませんでした。

バラが盛りの頃には、さぞかし

きれいなことでしょう。

 

はてなブログランキングに参加して

います。

下のURLをクリックして、一票投じて

頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998