いのちの盛りに

f:id:dancingbrave1986:20140601135025j:plain

今日も最初はミモザガーデンの

バラの花で行きます。

今日はどんよりと曇った暗い

一日でしたが、明るい庭とバラ

の花の写真を見ると心が少し

晴れます。

f:id:dancingbrave1986:20140609104317j:plain

カンパニュエラとバラが一緒に

咲いています。

f:id:dancingbrave1986:20140601134807j:plain

花びらには優美さが

そして愛が休らっている

庭を 木々を 香りで燻きしめて

けれど 雨あるいは激しい暑さに打たれて

薔薇はやつれて死んでゆく

花びらが 一ひら また一ひら

と枯れ散って

 ピエール・ド・ロンサール

 愛のフランス詩集

 吉田 加南子 編・訳

 

ピエール・ド・ロンサールの花に

ロンサールの詩を掲げます。

「ソネ」という詩の一部です。

f:id:dancingbrave1986:20120529141335j:plain

おお 束の間に

かわいい人よ 薔薇は ああ

美しい花を地に散らしてしまった

おお 自然はなんと薄情なのか

こんなにも美しい花のいのちが

朝から夕べだけのものだなんて

 「カッサンドルに奉げるオード」

 ピエール・ド・ロンサール

 愛のフランス詩集 

 吉田 加南子 編・訳

f:id:dancingbrave1986:20120529141307j:plain

だから かわいい人よ わたしは思う

あなたの花ざかりの日々が

みづみづしく息づいているときに

摘むがよいと 摘むのだ その若さを

この花のように やがては老いが

あなたの美しさを 萎れさせて

しまうのだから

      同上

f:id:dancingbrave1986:20120529134314j:plain

老いてから後悔などしないように

今、いのちの盛りに恋をしなさい

というのがロンサールの詩によく

見られるテーマだそうです。

そうか。。。もっと若い内にこの

言葉を聞いておけば良かったのに

ねえ。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998