一ひら また一ひら

   今朝気が付くとピエール・

   ド・ロンサールが開花して

   います。

   熱海から持って来た鉢植え

   です。冬の間に、陽当りの

   良い場所に鉢を移動したら、

   今年は花の勢いが全く違い

   ます。

   ピエール・ド・ロンサールと

   いうのは、16世紀のフランス

   の詩人です。

   バラをテーマにした恋愛詩が

   有名です。

 

   だから かわいい人よ 

   私は思う

   あなたの花ざかりの日々が

   みずみずしく息づいている

          ときに

   摘むがよいのだ 摘むのだ

   その若さを 

   この花のように やがては

           老いが あなたの美しさを萎れ

          させてしまうのだから

    「恋愛詩集」

    吉田可南子 編・訳

    愛のフランス詩集     

   花びらには優美さが

   そして愛が休らっている

   庭を 木々を 香りで燻き

   しめて

   けれど あるいは雨あるいは

   激しい暑さに打たれて

   薔薇はやつれて死んでゆく

   花びらが一ひら また一ひら

   と枯れ散って

       「ソネ」

      引用先は上記と同じ    

   マーガレットとゼラニウム

   間の石畳の上にもバラの花が

   散っています。

    スパニッシュ・ビューティの

    花の方は早くも盛り過が過ぎ

    て行く感じです。

    少し早過ぎるなあ。

   今日は朝早くから午後まで、

   病院で大腸内視鏡の検査で

   した。

   この検査のための準備の大変

   さは、検査を受けた人でない

   と分からないでしょう。

   緊急を要することはないが、

   要注意点があるのとのことで、

   来月に再検査となりました。

   やれやれ、何もせずにお迎え

   を待つというオプションが

   身近に感じられます。  

    裏庭に植え放しのジキタリス

    の花が咲いています。

    何の手入れもしていないのに

    こうしてこの時期になると、

    毎年花を咲かせてくれるのは

    嬉しいですね。

 

    はてなブログランキングに参加

    しています。

    下のURLをクリックして一票を

    投じて頂ければ幸いです。

    https://blog.with2.net/link/?1021998