イギリスの壁飾り

f:id:dancingbrave1986:20210213160527j:plain

暖かな日が続くようになって、

ミモザのつぼみがほころんで

きました。

一部の枝では花が咲き始めて

います。

今年は去年より花が多く咲き

そうです。

ミモザガーデンのガーデナー

にとっては、一番心が弾む頃

です。

f:id:dancingbrave1986:20210213101158j:plain

この枝はまだつぼみのままです。

でも、ミモザの花は一斉に咲き

始めるので、もう直ぐつぼみが

ほころびることでしょう。

ミモザが咲けば、いよいよ春が

到来です。

ミモザの花の後には、桜が開花

します。

そうなると、いよいよ春爛漫に

なりますね。

f:id:dancingbrave1986:20110827180242j:plain

今日は、ロンドンの窓際の飾りの

写真をUPします。

どうということのない自然な飾り

なのですが、良い感じです。

壁にアイビーを這わせ、つるバラを

玄関口にアーチ状に植える。

こんな家が多いですね。

f:id:dancingbrave1986:20110827180027j:plain

窓にはゼラニウムの鉢を置き、

ハンギング飾るというのが定番

みたいですね。

壁にアイビーを這わせている家

も多いですが、レンガ造りの家

だから出来るのでしょう。

f:id:dancingbrave1986:20110827180225j:plain

バラを植えている家もありますが、

が、この家はあまりバラの手入れ

がされていませんね。

まあ、お年寄りで手が回らない

ということもあるでしょう。

f:id:dancingbrave1986:20140701234810j:plain

これはコッツウォルズの家の

飾り。

石造りの家と壁に這わせた緑

が良く似合います。

幹があるので、これはアイビー

ではなく、ブドウか藤かも知れ

ませんね。

つるバラということもあるかな。

f:id:dancingbrave1986:20140701233730j:plain

きれいなハンギングを壁に飾って

いる家が多いですね。

大きなハンギングが多く、管理が

大変だと思うのですが。

いつも思うのですが、高い場所の

ハンギングの水やりどうやって

いるのでしょうか。

f:id:dancingbrave1986:20140701223351j:plain

コッツウォルズ・ストーンの

独特のハチミツ色の石造りの家。

そして大きなハンギングが良く

マッチしていますね。

コロナ禍でイギリスも大変な

ようですが、それでもきれいな

花に囲まれて光景は変わって

いないと思います。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998