丸紅ギャラリー見学

f:id:dancingbrave1986:20211204165410j:plain

   今日は京都の紅葉の

   写真は一休み。

   もうウンザリだよと

   いう方もおられる

   かも知れませんね。

   そこで、今日訪れた

   丸紅ギャラリー開館

   記念展の写真をUPし

   ましょう。

   館内は写真禁止なので、

   このミモザの絵は売って

   いるファイルの絵を写真

   に撮りました。

   キスリングの作品です。

f:id:dancingbrave1986:20120407094209j:plain

   こちらは熱海のミモザ

   ガーデンのミモザです。

   作品とは無関係ですが。

   実は丸紅に勤めていた

   ことがあり、このミモザ

   の絵は社内に飾られて

   いるのをよく目にして

   ました。

   ミモザ好きの一因は、

   ここにあるのかも知れ

   ません。

f:id:dancingbrave1986:20211204143543j:plain

   丸紅は新社屋が完成した

   のを記念して、同社が

   所有する国内外の美術品

   を公開する丸紅ギャラリー

   を社内に先月開館しま

   した。

   入場料は500円です。

f:id:dancingbrave1986:20211204143550j:plain

   丸紅の美術品のコレク

   ションは絵画の他に

   染織品、染色図案から

   成っています。

   豊富なコレクションを

   順次公開して行く予定

   だそうです。

   今は「日仏近代絵画の

   響き合い」というテーマ

   で、日仏の画家の絵画が

   展示されています。

   フランスの画家はルノワ

   ール、コロー、ヴラマン

   ク、ルドンなど。

   日本の画家は、藤島武二

   小磯良平、児島虎次郎、

   中川一政等の絵が展示

   されています。

   丸紅コレクションの中

   の目玉と言えるボッチ

   チェリの「美しきシモ

   ネッタ」が今回は展示

   されていないのが残念

   でした。


f:id:dancingbrave1986:20211204144312j:plain

   左側の建物が完成した

   ばかりの新社屋です。

   シニア・ガーデナーが

   勤めていたのはもう

   20年も前のことですが、

   当時は経営が苦しくて

   大変な時期でした。

   その後、見事に業況が

   立ち直り、立派な社屋

   が完成したのは同慶の

   至りです。

   新社屋のロビー。 

   丸紅ギャラリーは、

   この玄関を入って

   エスカレーターに

   乗り、3階にあります。

f:id:dancingbrave1986:20211204143926j:plain

   開館は月曜から土曜日

   の10:00~17:00。

   日曜日は休館です。

f:id:dancingbrave1986:20211204144515j:plain

   見学を終えてから、

   東京駅まで歩いて

   帰りました。

   勤めていたころ毎日

   通っていた道です。

   イチョウの並木が

   きれいに黄葉して

   いました。

f:id:dancingbrave1986:20211204144419j:plain

   大手町のこの辺りは

   新しいビルが増え、

   高層ビルが立ち並ぶ

   街並みにすっかり

   変わってしまいました。

f:id:dancingbrave1986:20211204144500j:plain

   今日は土曜日なので、

   人が少なかったですが、

   平日にはビジネスマン

   やウーマンが颯爽と

   歩いているのだと思い

   ます。

   シニア・ガーデナーに

   もそんな時代があった

   のだなあ。。。と遠く

   なった昔を思い出し

   ながら帰りました。

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998