厭離庵を訪ねる

f:id:dancingbrave1986:20211130125614j:plain

今日はまた京都紅葉見物の写真をUP

します。

今日は厭離庵(えんりあん)です。

大沢池を鑑賞してから、清凉寺を経て

宝筐院で思いがけず紅葉を満喫。

さて、次は二尊院へと向かう途中の細い

道に厭離庵入口という小さな案内が出て

いることに気が付きました。

f:id:dancingbrave1986:20211130125657j:plain

調べてみると、藤原定家が住んでいた山荘

の跡地で、小倉百人一首を編纂した所だ

そうです。

こりゃ見逃す訳に行かないぞ、ということ

で予定にはなかったのですが、立ち寄りま

した。

f:id:dancingbrave1986:20211130125732j:plain

定家の山荘はその後荒廃したが冷泉家

が修復し、臨済宗天龍寺派の寺となった

そうです。

11月1日から12月7日のみ一般公開されて

いるそうで、運良くこの期間中に訪れる

ことが出来ました。

f:id:dancingbrave1986:20211130125946j:plain

小さな寺院ですがここも紅葉が見頃。

苔むす庭と紅葉しているモミジの樹

コントラストがきれいでした。

f:id:dancingbrave1986:20211130130025j:plain

藤原定家の秋の歌と言えば、

 見渡せは 花も紅葉もなかりけり

 浦のとまやの 秋の夕暮れ

が有名ですね。

f:id:dancingbrave1986:20211130130332j:plain

でも、この庭にはきれいな紅葉が溢れ

といて、紅葉が沢山ありましたが。

f:id:dancingbrave1986:20211130130730j:plain

この定家の歌は秋の三夕の歌の一つです。

他の二首は以下の通りですね。

 

 さびしさは其のいろとしもなかりけり

 まき立つ山の秋の夕暮

        寂連

 心なき身にもあはれはしられけり

 鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ

        西行

この三夕の歌はシニア・ガーデナーの

お気に入りで、このブログで何度か引用

しています。

f:id:dancingbrave1986:20211130130753j:plain

真っ赤な枯葉が庭に散っています。

掃いてしまうのがもったいないですね。

f:id:dancingbrave1986:20211130130825j:plain

嵯峨野にある厭離庵を今回訪れること

が出来たのは幸運でした。

これもひたすら歩き回ったお蔭です。

犬もじゃなくて、シニア・ガーデナー

も歩けば、見事な紅葉に当たるですね。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998