醍醐寺の桜見物

f:id:dancingbrave1986:20220403101721j:plain

   昨日、今日と2日も冷たい

   雨の日が続きます。

   気温が低く、間断なく降り

   続く冷たい雨。

   春はどこに行ってしまった

   のやら。

   これでは桜も散ってしまい

   ますね。

f:id:dancingbrave1986:20220325121408j:plain

   さて、今日は京都お花見の

   旅の続きを書きます。

   早くしないと、桜の季節が

   終ってしまいます。

   二日目に勧修寺、隋心院を

   訪ねた後に、歩いて醍醐寺

   まで行きました。

   隋心院から15分位歩くと、

   この醍醐寺の門に到着。

f:id:dancingbrave1986:20220325122001j:plain

   秀吉が桜を愛でた醍醐寺

   桜の名所なのだそうですが、

   まだつぼみの桜が多かった

   のは残念です。

   この大きな枝垂れ桜は大分

   開花していましたが。

 f:id:dancingbrave1986:20220325123355j:plain

    桜の樹の下が板張りの床なの

    は、お花見のためでしょうか。

    満開になったら、この場所は

    さぞかし華やかでしょうね。    

f:id:dancingbrave1986:20220325123022j:plain

   緋毛氈のしかれた台と桜の

   コントラストが鮮やかです。

   ここはカフェのようなので

   すが、お客さんが殆どいま

   せんでした。

f:id:dancingbrave1986:20220325123109j:plain

   ここの周りの桜はかなり

   開花が進んでいました。

   でも、全体としては桜の

   名所と言われる醍醐寺

   しては物足りない感じで

   した。 

f:id:dancingbrave1986:20220325122449j:plain

   醍醐寺の庭園は豊臣秀吉設計

   で立派らしいのですが、今回

   は桜を見に来たのでゆっくり

   と見物はしませんでした。

f:id:dancingbrave1986:20220325124248j:plain

   五重塔の周囲の枝垂れ桜も

   見頃にはまだまだでした。

   やはり一週間早かったので

   すね。

f:id:dancingbrave1986:20220325122520j:plain

   醍醐寺はどうも少し派手な

   印象で、あまり好みではな

   かったです。

   この門の扉の飾りもどうで

   すかね。。。

   飾りは金箔でしょうか。

   うーん、こういうのあまり

   好みではありません。

f:id:dancingbrave1986:20220325124700j:plain

   帰り道は地下鉄東西線

   醍醐駅まで歩きました。 

   これで2日目の昼間の桜

   の花見は終り。

   ホテルに戻って一休みし

   てから、夜に祇園白川に

   夜桜見物と夕食に出掛け

   ました。

   その話はまたの機会に。

       

   はてなブログランキングに参加

   しています。

   下のURLをクリックして一票を

   投じて頂ければ幸いです。

   https://blog.with2.net/link/?1021998