ミッドナイト・イン・パリ


いよいよ本格的な梅雨入りですね。

今日の熱海は、一日中シトシトと弱い雨が

降り続き、一向に止む気配がありません。


週間天気予報を見ると、一週間ずっと☂☂☂マーク

です。

あーあ、気持ちの良い初夏のお天気はもう

終わりなんだ。

ガーデニングもこれでは手のほどこしようが

ありません。


まあ、じたばたしても仕方ないですね。

カフェの店内で、雨のガーデンを眺めたり、

音楽を聴いたりするしかないや。


先日、「ミッドナイト・イン・パリ」という

ウディ・アレン監督の映画を見ました。

いやー、最高に楽しい映画でした。


映画の冒頭のシーンは、ジヴェルニーのモネの

庭の睡蓮の池のこの場所でのアメリカ人のジル

と婚約者のラブ・シーンで始まります。


この写真は、2009年に行った時のものです。


2010年、二人はパリ旅行に来るのですが、

ジルが深夜パリの街で、クラッシク・カーに

乗り込むと、その車は1920年代のパリに

彼を連れて行くのです。


そこで、ヘミングウェイ、スコッツ・フィッツ

ジェラルド、T.S.エリオット、コクトーなどの

作家や、ピカソロートレックゴーギャン

ダリなどの画家などに会うことができます。

それぞれ実物によく似た俳優が演じていて、

これが楽しいんですよね。


さらに1890年代のベルエッポクにも行く

ことが出来るのですが、その時代に留まるべき

か、現代のアメリカに戻るべきか悩むことに

なります...結果は、言わないほうが良い

ですね。


それにしても、映画のパリの街はすごくきれい

でした。

また、ゆっくりと滞在したいなあーと思った

次第です。


人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして、応援して

くださいね。