ロンドンのハンギング・バスケット

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は、ロンドンで見たハンギング・バスケット

の写真をアップします。


ロンドンでは町の至る所で、ハンギング・バス

ケットを見ることが出来ます。

これがとてもきれいで良いですね。


植えられているのは、ペチュニアゼラニウム

など普通の花が多いのですが、皆とても元気で、

きれいに花を咲かせています。


こうして、外にハンギング・バスケット飾って

いるお店が多いです。

このバスケットにどうやって給水をしている

のかなあ。

長いホースで、上から毎日こまめに水やりを

しているのでしょうかね。


ペチュニアは、花がらを摘みが大切なので、

この点このハンギングは、どうしているのか

なあ。


毎日こまめに花がら摘みをしないと、こんな風に

きれいに花が咲きませんからね。


こうして、街並みにハンギング・バスケットが

飾られているのは、街の景観上とても良いですね。


日本でも、ハンギング・バスケットを飾っている

町がありますが、どうもあまりパッとしない所が

多いですね。


植える花の選択、カラ―・コーディネーション、

手入れや管理などまだまだ勉強が必要だと思います。


ロンドンの中心部にあるSt.Christpher's Place

で見た花の飾りです。

オックスフォード・ストリートから少し裏に

入ったところです。街並みに溶け込んでいますね。


この辺りには、歩道にパラソルを立て、テーブル

を置いたカフェやレストランがあります。


この良い感じの通りは St.James Streetと

いいます。


ロンドンというより、ちょっとパリの雰囲気

ですね。


このお店は、クレープのカフェのようです。


どこのお店も、お客さんで賑わっています。


marimekko」のようなブランドのブテイックも

あります。

ロンドン滞在の時間も、いよいよ終わりに近づいて

きました。