感傷の秋

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日も小雨の降り続く一日でした。

もう一週間も雨が降る日が続いてます。


石垣の上の花壇に、白いハナシュクシャ

(ジンジャ―)の花が咲いています。


  今日を信じ あしたを信じて

  ジンジャ―の花の白さに 心寄せゆく

        鳥海 昭子


ジンジャ―は大型の多年草で、インドや

マレーシア原産だそうです。


花言葉は「あなたを信頼します」だそう

です。


今日を信じ、明日を信じ。。。か。


今日は何とか元気で過ごした。。明日も

元気と信じよう。なんて少し弱気過ぎる

かなあ。


秋は人の心を感傷的にしますね。


   おぼつかな 秋はいかなる

   ゆゑのあれば すずろにものの

   かなしかるらむ

     新古今和歌集 西行法師


   はっきりわからないよ、秋はどの

   ようなわけがあって、こうもむやみに

   物悲しいのだろうか。   



   思ふこと さしてそれとは 

   なきものを 秋の夕べを心にぞ問ふ

      同上   宮内郷


   思い悩むことはこれと言って特に

   ないのに、秋の夕べはどうして

   このように悲しいのかとわれと

   わが心に問うよ。


咲き誇っていた花が枯れて行く、木々の

葉も紅葉して散って行く、日暮れが毎日

早まって行く。。。


そういう光景を老いて行くわが身に置き

換えて感慨に浸るのでしょうね。


  今はもう秋 誰もいない海。。。


海水浴の客であんなに賑わっていた

熱海のビーチも今は閑散としています。


今日もブログへの訪問有難うございます。
下のバナ―をクリックしてランキングに
一票投じて頂ければ幸いです。