リラの花咲く頃

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は「シャンソンで覚えるフランス語」

の講座でした。


今日のテーマ曲は「リラの花咲く頃」です。

宝塚のテーマ曲「すみれの咲く頃」の原曲

です。


リラの咲いている写真がないので、パリの

公園の樹(マロニエ)の写真で代用します。


リラの花咲く頃は、1928年にベルリンで

上演されたレビューの劇中歌として発表

されヒット。

翌年にフランス語でカバーされ、ヒット

しました。


この頃、パリに滞在していた宝塚の演出家

白井鐵造がこの歌を日本に持ち帰り、

リラを日本人になじみのあるスミレに

替えて宝塚の劇中歌として、大ヒット

したものです。


もう90年も前のことですが、良い歌は

その後もずっと歌い続けられていますね。


今日はフランス語の歌を聞き、訳をして、

から、何度か聞き、出来るだけ一緒に歌って

もらえるようにしました。


フランス語の歌詞は、韻を踏んだ古風な

歌詞で少し歌い難いですね。


この歌は、宝塚で歌われる「すみれの花

咲く頃」の詞の方が良いですね。


  すみれの花咲く頃

  はじめて君を知りぬ

  君を思い 日ごと 夜ごと

  悩みしあの日のこと


  すみれの花咲くころ

  今も心ふるう

  忘れな君 われらの恋

  すみれの花咲くころ


人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。