ミモザ・ガーデンの日記 歩いて歩いて!

f:id:dancingbrave1986:20140609192717j:plain

連日の猛暑で、庭の花は元気がありません。

でも、このルドベキアとハイビスカスだけ

は例外です。

いかにも暑い日差しが好きな花という感じ

の花ですね。

ガーデニングは、猛暑が過ぎるまで毎日

水やりだけで、我慢の日々です。

f:id:dancingbrave1986:20140529003907j:plain

 さて、曼殊院を見終わったガーデナーは、

今度は詩仙堂を目指しました。

曼珠院から歩いて約30分。

テクテクと暑い中を歩きます。

あー、暑かった!

そして、この詩仙堂の竹垣の門にたどり

着いてホッとしました。。

f:id:dancingbrave1986:20140529013321j:plain

詩仙堂は、江戸初期の文人石川丈山

人生最期の31年間を暮らした草庵だ

そうです。

有名な草庵ですが、初めての訪問です。

f:id:dancingbrave1986:20140529013229j:plain

 文人が隠棲した山荘だそうですが、

今の感覚では、隠棲するのには凄く

大きくて立派な造りの家ですね。 

f:id:dancingbrave1986:20140529004130j:plain

 白砂を敷き詰めた庭園です。

春の梅と5月のサツキの花の頃が

きれいだそうです。

確かに周囲はサツキの木で囲まれて

いました。

f:id:dancingbrave1986:20140529004402j:plain

庭に降り立つことが出来たので、

歩いてぐるりと一回りしました。

歩いてみると、思ったより広い庭

でした。

f:id:dancingbrave1986:20140529004419j:plain

素晴らしい草庵ですが、31年間も

ここに隠棲していて、退屈はしな

かったのですかね。

熱海の山の上の生活に10年間しか

耐えられなかった凡人には、文人

気持ちは到底分かりませんね。

f:id:dancingbrave1986:20140529004537j:plain隠棲

 桔梗の花が咲いていました。

真夏なので、まだ少し早すぎる感じ

ですね。

 

次に咲くその次に咲く蕾もち

ききょうムラサキ凛として立つ

   鳥海 昭子

f:id:dancingbrave1986:20140529004728j:plain

このカエデ(もみじ?)は良い樹形

です。

紅葉の頃には、さぞかしきれいだと

思います。

紅葉の頃にまた来てみたいなあ。

f:id:dancingbrave1986:20140529013111j:plain

詩仙堂は人気スポットのはずですが、

訪問客がこの日はとても少なくて、

静かな雰囲気の中で、庭園鑑賞を堪能

しました。

 

帰りは、一乗寺下り松町のバス停まで

歩いて10分位で着きました。

京都駅近くのホテルまで帰って、暫く

休みました。

f:id:dancingbrave1986:20140529043434j:plain

夕飯は近くの地下街の和食店で。

美味しかったですよ!

 

はてなブログランキングに参加して

います。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998